そもそも足裏の悩みとは?

足裏の悩みをやっつけるために足裏の悩みの事を知りましょう!!

足裏の悩みになりやすいのは、靴を履くためです。足がむれて、足裏の悩みのもとにとってこれ以上ないぐらい過ごしやすい高温多湿な環境だからです。

場所は指の間にできる趾間型(しかんがた)や土踏まずの所にできやすい小水疱型(しょうすいほうがた)、かかとがひび割れたようになる角化型(かくかがた)があります。ひどくなると全部というか足全体に蔓延する場合があります。

 

一番できやすい足裏の悩みが趾間型で、皮がむけてかさかさする乾燥型とジュクジュクして皮がふやける湿潤型の2タイプがあり、湿潤型のほうがカユミもキツイ傾向にあります。小指と薬指の間にできることが圧倒的に多いのも特徴です。

 

足に小さい水疱ができるのが小水疱型で、皮がむけてくることもあります。足の側面や土踏まずなどに発症し、進行するにつれてかゆくなります。

 

足の裏の角質が厚くなり白っぽくなるのが角化型で、表面がザラついて冬にはひび割れを起こすこともあります。

 

▼クリアフットヴェールの詳しい情報はコチラから▼